スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ABA 最初の一ヶ月
 初日は楽しく、ゆる〜く、まずは先生に慣れることから始まりました。

それでも翌日には、もう成果が出て、初めて「は」の発音を正しく言う事ができました。
ハァーと息を吐くことから繋げて。成功すると、すぐに好きな遊びができるので、プチ子も自然とやる気になってます。
「は」の発音ひとつでも、他の療育ではなかなか成功しなかったので、驚きと共に嬉しい手応えを感じました。

そして、この日からは本格的に、言葉を使ってコミュニケーションする練習が始まりました。
プチ子は要求があっても、発語で表さず、「んー!んー!」と言ってママに察知させる事しかしなかったので、言葉を話さないと応えてもらえない状況をつくり、頑張らせるのです。

たとえば、先生がすごく魅力的なオモチャで遊び始め、プチ子も使ってみたくても、「かして」がいえるまでは使わせてもらえない、というように。(この練習の場合は、発音の悪さは免除されます)

最初のひと月で、「かして」「ちょうだい」「開けて」「やって」「見て」「やめて」「やりたい」などを自発的に言えるように練習しました。(よく、それまで、こんな簡単な言葉すら使わずに暮らしてたなと思いますが・・・)

言語模倣は、一ヶ月で「き、は、へ、ゆ、ら、を、、ふ」がかなり綺麗に言えるようになりました。

ものの名前の受容(言うのでなく理解してるか)は、動物、家にあるもの(えんぴつ、おさら、じてんしゃ等)を20くらい覚え、
動詞は「手をあげる」「いすにすわる」「本をよむ」など10くらいを覚えました。

色は、ST(言語聴覚士)さんの所で一年間すごく丁寧に一生懸命ご指導頂いたのですが、何回やっても結局最後まで覚えられなかったのが、一ヶ月で「黄色」と「ピンク」は覚える事が出来ました。(注:ST批判ではありません。プチ子には、ABAの手法が合っていたのでしょう)
「あお」と「あか」は、どちらも「あ」から始まるせいか、なかなか難しくて混乱してしまいましたが、二ヶ月かけて間違えなくなりました。
「みどり」は、二ヶ月目になってから教え始め、すぐに覚えました。

「ママ」「パパ」「にいにい(お兄ちゃん)」は、教えはじめてすぐに◎。
それまでは、私に向かって「パパ」と言ったり、「ママ」はご飯の意味ではもちろんですが、父親に向かっても言ってました。
私も、プチ子が小さいときから正しく教えたり、直そうとしてきましたが、せっかくプチ子が機嫌よくコミュニケーションをとろうと発語してる時に正しい言い方を教えると、ものすご〜くキレまくるので、難しかったのです。キレて泣いてるときは、何を言っても聞いてません。
間違いを指摘される事に非常に弱いので、失敗した時に指摘するのでなく、セラピーで先に机上で理解させてから、実際に使ってみて成功させ、気分よく覚えていくのが合っていたのです。

次の週には、「おじいちゃん」「おばあちゃん」、幼稚園の介助の先生の名前とセラピストの先生の名前を、その翌週には幼稚園のお友達の名前を(クラス写真を見せて)覚えました。

ものの名前、表出(言う)のほうは、一ヶ月で「いぬ」「いちご」「みかん」「りんご」「たいこ」「くま」「バス」「ぶた」「ねこ」「うさぎ」「にんじん」等20くらいが理解していて言えるようになりました。
場所も「トイレ」「玄関」「おうち」は言えるようになりました。
 
動詞は、自分の写真を見て「自転車のってる」「ブランコのってる」「かけっこしてる」「お弁当たべてる」が一ヶ月で言える様になりました。

名前と歳も、聞かれたら確実に言えるようになりました。

これらの練習の合間のご褒美には、粘土遊び、シャボン玉、歌、おゆうぎ、おいかけっこ、絵の具でお絵かき、時には公園へお散歩、かくれんぼ(ルールを理解できてないので、その練習も兼ねます。)、公園で補助付自転車に乗る(ペダルを漕ぐ事は出来ないので、その練習にもなります)、などが入って、遊びながら勉強にもなりました。

が、日が経つにつれ、当然ながら徐々に課題はプチ子が簡単にできる事ばかりではなくなっていきます。

プチ子がもっとも苦手とする間違いを指摘される事、やり直しをさせられること、ママが側に寄ると抱きついたり、「みてみて」と言ったりすることを禁止される事、など少しずつハードルが上がっていくのでした。

     つづきはまた

最近、昔の話ばかりなので、ここらで近況報告も・・・

入学以来ずっとほぼ0点だったテスト類(問題の意味もわからず、解答欄に問題を写したりしてました)ですが、徐々に上向き、なんと、二年生の二学期にして、はじめて漢字テストで100点とりました!!やった〜!!!
DCF_0265~000.JPG

それに、今日の連絡帳には、先生から「体育で走るの速かったです」と書かれてました!!
幼稚園で、走り方が遅いし異常だから運動会の全員リレーに出ないで欲しいと担任の先生に言われたのから考えると、速いなんて言われる日が来るとは思ってもみなかったので、感無量。(^^)VVV



ブコ
| こころくらぶ | 20:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:39 | - | - |
Comment
プチ子ちゃんの漢字のテストに、拍手!!!
頑張ってるね。
ブコちゃんの日々の努力の賜物って感じもするけど、テストを見る限り、やっぱり担任の指導の仕方は、大きいのかな?我が家のkiki男くんも、現在超〜頑張っているよ〜。
自らの行動も増えて、担任の先生のご指導に感謝している毎日です。
様子はまた改めてアップするね。
Posted by: kiki |at: 2010/10/20 3:33 PM
ありがとう。
漢字は毎日家で書き取り練習するだけでなく、テストそのものを三回は練習しています。同じ用紙を先生に貰ってコピーして、学校と同じく問題を黒板に書いて。

担任の先生も理解ある先生なので、連絡帳で先生から「言うとおりにやらない」など困ってる事を言って頂くと、こちらから「たぶんこうすると、聞き入れます」など、お知らせしてお願いする関係が出来ているので、とてもスムースにいっています。
お互い頑張ろうね。
Posted by: ブコ |at: 2010/10/21 11:36 AM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links