スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
脳にひびく
 ぶこちゃん、いつも丁寧な報告をありがとう!

勉強をやることが苦手になってしまう子供たち。
宿題をやらせるだけでも、本当に途方も無い時間を費やすことになる。

そこで、定例会でなにげに話した内容にかぶりつきが多かったのもこの話題。

きっかけになったのはユダヤ人の話でした。

ユダヤ人は教養の高い人が多く、大富豪になる人たちにユダヤ人が多い
なんて言う定説もあるくらい。

この人たちは、小さい子供の頃から習慣になるものがあるそうだ。
それは、読書。

お父さんが、膝の上に子供を乗せて水飴をなめさせながら本を読むことを毎晩するとか。
すると脳がその膝の上での安心感やぬくもりと、
飴の甘さと読書を一緒にくっつけて覚えてしまうので、
飴をなめたくなるように、安心感を得たくなるように、読書をしたくなるらしい。
すごい技と言うか、脳の仕組みを分かって何かをするって、めちゃくちゃ効率が良い???

これを聞いたメンバーたちは、確かにチョコレートで釣ってやっているとか、
ウチはお菓子だとかって言う話で盛り上がった。

誰もが試行錯誤で色々トライしていることがよく分かった。

毎日色々あると、なんで自分だけがこんなに辛い想いをしているのか?
なんて言う感にとらわれちゃったりするけれど、
みんな同じことやってるんだよね。

そして、実は一番辛いのは子供本人だよね。
嫌いなものをやらされるほど嫌なことは無いはずだから。
だったら、楽しくやれる方法を見つけるのが一番だね!

良い方法があったら、これからもシェアしましょうね!

いつも話を脱線させるkikiより



| こころくらぶ | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:39 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links