スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
ハグしても、OK!
こんにちは。

なんせブランクありすぎて・・・
何から書けば良いのか迷いますが、

まずは、この国に来た当初から綴っていこうと思います。

引っ越してすぐ、お隣の老夫婦と親しくなりました。

奥さんのアイリーンさんがめっちゃ良い人で、最初にご挨拶廻りに伺った日に、いきなり家に上げてくれて(笑)リビングでしばし歓談。
船便の荷物がまだ一か月以上届かないから何もない話をしたら、「じゃあ、キッチンに来て!必要な食器を貸してあげる」と言われびっくり さすがに遠慮したけど。優しいお隣さんでホッとしました。

それから間もないある日、プチ子の下校のお迎えに、家の鍵を忘れてオートロック(なぜか、この国はどこもそう)で締め出されてしまい、玄関の前で困っていたら・・・
ちょうどアイリーンさんが通って声をかけてくれ、鍵の110番みたいな業者を呼ぶと一万円以上する、と聞いて、旦那が急いで帰ってくるまで(といっても二時間くらいかかる)またまたお邪魔させてもらいました。

その間、喋ってばかりいても時間のロスなので、プチ子に宿題をやらせようとしたら、
これまた優しいアイリーンさんったら、宿題を見てくれようとするんです。
簡単な算数の計算問題なのに、ぜんぜん出来ないのが見られちゃったし、
こないだから歳不相応にはしゃいだりするプチ子の不思議ぶり・・・
この時も妙にハイテンションで変なので(よそんちに遊びに来て嬉しいからだけど)、
こりゃ、やっぱりプチ子の障害のこと言わなきゃならないなと「実はこの子Autismスペクトラムで〜」と伝えたら、
「あら、そうなの?うちの子もそうだったのよ。いま結婚して海外に住んでいるけど」と言われビックリ。

そこからは、Autismの話で盛り上がり、プチ子の療育をこの国でどうしていくのか、いま行き始めた学校が彼女に本当に合ってるのか、専門家に相談したほうがいい、と親身になってくれて・・・、
なんか色々と調べてくれることになったのです。なんちゅうー有難いこと!!LOVE
帰りには、お孫さんのために沢山おいてあるオモチャ(英語のカードとか)いっぱい貸してくれて、何から何まで感謝です。
こんな共通点のある素敵なお隣さんとの偶然の出会いにも、感謝!感謝

別れ際、すっかりアイリーンさんになついたプチ子は家族に対してするのと同じように「大好き〜」と抱きつきました。
日本でだったら、やっぱり小学校高学年にもなって変な行動なので辞めさせなきゃならない所だけど、、、
ここはAUS.まったく問題ない。どころか、適切な行動ですらある(笑)
さすがにこの国でも、ぜんぜん知らない人に急にハグしたら変だけど、
プチ子のハグ基準(大好きって思う人にハグする)は、ここでは丁度いいかも。。。


次回は、専門家探しの話を書きますね。



ブコ



(いまだにバナー貼れない)
| こころくらぶ | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:12 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links