スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
クラスで イジメられています

 またまた暫らく記事を書いてなくて、すみませんでした〜〜〜


なかなか日々いろいろとあり(いまだにお兄ちゃんのほうも!)、ゆっくりパソコンに向かう暇も無く・・・

というか、プチ子の事でも問題に直接向き合う(学校と連絡とったり)のが先決で、ブログに書いてる余裕なくてね〜〜



でも、今日は書きます。いや、ホントはずっと前から書きたかったんだけど、

  プチ子、学校のクラスでイジメられているのです。


四年生になってから、徐々に・・・  (そういえば、三年生のときも何回か兆候はあったけど)

男子がプチ子に言葉の暴力で「ばか」「アホ」「バイキン」などの罵声をあびせたり、
実際に叩かれたり、蹴られたり、押されて転ばされたり、の肉体的な暴力も度々受けています。

女子も、何人か優しい子はいるのですが、
みんな四年生にもなると大人っぽくなってきて、
プチ子の子供っぽさに付き合いきれない子も出てきているようで、
(ほんとうの大人は付き合えるモノだろうけど・・・)
あからさまに無視されたり、わざと仲間に入れなかったり、時にはキレられたりしているようです。

担任の先生とは、その都度、電話で話し合ったり、連絡を取り合っていますが・・・


七月の半ばには、クラスの一人の女の子からお手紙をもらいました。


 プチ子ちゃんのお母さんへ
 
 プチ子ちゃんのことで心配な事があります。
 プチ子ちゃんが男子にいつもバカ・アホ・バイキンと言われたり、怒られたりしています。
 この前なんかも、プールで初めてプチ子ちゃんが顔を水に付けられたのに
(初めてじゃなかったら、スイマセン)、
 「そんなの誰でも出来るし!」とか、みんなに攻撃されていました。
 この手紙を読んだら、お返事ください 
                         』
 
というような内容です。
書いてくれた子は、一年生の時から同じクラスの優しい女の子で、正義感の強い優等生的な子です。
二年生のときにも、女子のグループでイジメられているのを伝えてくれた事がありました。


さっそく担任の先生に連絡を取り、OOちゃんから、プチ子がイジメられているというお手紙を貰った件、伝えました。

先生は、開口一番 「で、ブコ山さん(仮名)、OOちゃんにお返事書かれましたか?何て書きました?」と聞いてきました。

なので、「はい。書きました。
 『 OOちゃん、お手紙ありがとう。
OOちゃんが知らせてくれたお陰で、プチ子のママは学校でプチ子がどんな状況にあるか知ることができて、助かりました。
これからは、先生と相談して、解決していく事ができます。
OOちゃんが、プチ子のためを思って、お手紙を書いてくれたなんて、OOちゃんのようなお友達がいてくれて、プチ子はとても幸せです。
ありがとう。 』 
と、書いて渡しました。」と、申し上げると、

「そうですか。それは良かった。
OOちゃん、そんな風にお返事をもらって、嬉しかったでしょうね。」
という事だけ言われて、肝心の手紙の内容について、学校として、どう対応していくか、という話にはなりませんでした。

というのも、前々から、再三プチ子がからかわれたり、なじられたり、無視されたりしていることが、先生から見て、プチ子にも原因があると捉えられているからです。

「バイキン」と呼ばれるに至ったのは、授業中に鼻をいじっている(分からない時や緊張すると出る癖のようになっていました)からであったり、
プチ子が場違いな事を言ったり、やったりするから、みんなイライラする、と仰るのです。

担任の先生から、「今日はプチ子ちゃんがこんな事をして、男子を怒らせていました。」という電話を貰うたび、「申しわけありません。上手く対応していただき、ありがとうございました。家でよく言って聞かせます。療育先の先生にも相談し、問題行動を改善させます。」と言ってきました。
つまり、問題が起こるたび、その原因はプチ子にあり、それは専門的な療育によって改善するしか解決法がない、というような認識パターンが繰り返されてきたのです。

しかし、プールで、いや、おそらく教室でも何処でも、プチ子が必要以上にからかわれている時に、その場で男子が怒られることは無かったんじゃないかと思います。
本当は、発達障害だから、よくからかわれるのは致しかたない→からかわれるような原因となる行動を改善するしか道はない・・・んじゃなくて、
どんな変な言動をしようと、それ自体を注意してくれるならともかく、
プチ子の人格を否定するようなカラカイは絶対してはならない。はずなのに。

お陰で、夏休み中のプール授業(全11回)、プチ子は「行きたくない」と言い出しました。
明日も行かないそうです

せっかく、去年の夏(三年生)のプール授業で、あまりに進歩が無く、いつまで経っても、ひとりだけ「12級(一番下の級)」で、顔を水に付けるのもやっと・・・だった事に危機感を抱いた私は、去年の9月以降、毎週土曜日には区営プールにプチ子と一緒に行くのを日課にし、(だって、普通の水泳教室じゃ教えてもらえないから)、深さ30cmくらいのプールで顔をつけることから特訓し、ちょっと付けただけでも、もんのすご〜い褒めて喜ばせ、自信をつけさせ、水が恐くないように、プールが楽しいように、何ヶ月もかけて努力してきたのに・・・!(あまりのプチ子の出来の悪さと、私の全く怒らずに褒めまくって鼓舞しつづける特訓に、終いにゃプールの監視員さん達から「お疲れ様です!」と声を掛けられるようになりました)



担任の先生は、一度は、道徳だったか?一時間かけて、先生からクラスの皆に対して、
「プチ子ちゃんに優しくしましょう」というお話しをしていただいたそうですが・・・
(前々回の記事:「ばかと言われた?」http://cocoroclub.jugem.jp/?eid=260参照)

その後も、イジメは変わらないので、あまり効き目なかったのかな???
なかなか状況は変わらないまま、夏休みに突入してしまいました。


明日、学校に電話してみます。




ブコ山                            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                                にほんブログ村

| こころくらぶ | 23:55 | comments(26) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:55 | - | - |
Comment
初めまして。
私の息子は自閉症です。

お子さんの声、いつも聞いてあげて、そして守っていきたいですね。

もし私の息子が学校でイジメに遭い先生に改善を求めても
解決しないなら学校には通わせません。
罵られたり蹴られたりだなんて、そんな恐ろしい
状況に息子を放り出す事は絶対に出来ません。
学校に通わせない、それしか息子を守る方法はないと思っています。

Posted by: レオンの母 |at: 2012/07/26 6:53 AM
はじめまして。
ADHD系の広汎性発達障害の小3男児の母です。

先生の考え方が他の子供達に伝染しているようですね。
障害に甘えるなと先生は言いたいのでしょうか。
だからと言って、イジメやからかいを黙認するのは違うはずです。
相手の子供達を叱らないのは、子供達に「自分達の言ってるのが正しいんだ→だからプチ子ちゃんをからかったりイジメてもいいんだ」という間違った発想を植えつけてしまいます。
これでは、その担任の先生もイジメに加担するのと同じです。

できるだけ早く先生と話しあった方がいいです。
御主人にお休みをとってもらって、二人で、ハッキリと、プチ子ちゃんへの支援と同級生達への指導をお願いした方がいいです。
担任で埒があかなければその上の先生方を巻き込む覚悟で行きましょう。
障害のあるなしにかかわらずイジメはあってはならないのです。
Posted by: SHOママ |at: 2012/07/27 12:06 AM
ブコさんご無沙汰でした☆
実はうちも最近習い事のプールで男の子にからかわれ、時にいじめとも思える事をされて、楽しく通えない習い事ってのもなんなので辞めました。
なっちゃんも空気読めなかったり泳ぎながら近くの子に変にライバル意識を持ってしまい追い越したりするので、本人にも問題(いじめられるきっかけ)がある と思い、私はどうしたらいいか分からなくなって悩んでいました。
でもブコさんの言う通り、人格を否定するような事は許してはいけないんですよねo(^-^)o
ブコさんのしっかりした考えに励まされました。
私もめげずに頑張らなきゃと思いました。
それにしても、お友達のお手紙はすごいなと思いました。
お友達のママに手紙を出すという考えもすごいし、文章も気遣いにあふれていると思いました。
健常な4年生の女の子はこれだけできるんですね(°□°;)

プチ子ちゃんの心の傷が心配です。
Posted by: 小春 |at: 2012/07/27 10:29 PM
無理なのに普通級に通わせるメリットはあるんですか。
クラスのほとんどの親御さんはなんで専門の学級にいかないんだろうとかんじてると思います。
プチ子ママのエゴとしか思えない。
Posted by: 私も |at: 2012/07/28 5:07 PM
小春さんのに一言言わせてください

そりゃぁ支援クラスに行ったら先生が付きっきりで何も起こらないかもしれません
そのまま先生に守られていくのも簡単だと思います。
だけど、社会にでたら?親が死んだら?いきなり放り投げられて生きていけると思いますか?

子供の吸収力はすごいんですよ
いろんなことを吸収していく、それは健常者でも障害者でも変わらないと思います
子ども同士で関わることだって大切なんですよ

プチ子ちゃんのことを思ってプチ子ママさんは普通クラスのことだって選んでるんじゃないんですか
そうじゃなちゃこんな風にプチ子ちゃんのこと悩んでないと思いますよ


普通クラスには普通クラスのいいところ悪いところがあります。現在は悪いところが浮き彫りとなっているだけですよね…
それは学校側がもっとフォローしていかなければいけないのをできなかった学校の責任もありますよね

プチ子ママさんは学校と相談していますよね
いい環境になるように

合わないからあっちいけって厄介払いするのは簡単ですが、どうしたらみんながうまくいくか考える方が素敵な社会ですよね

Posted by: ぽこた |at: 2012/07/30 11:23 PM
子どもは小さい時のままではない、日々成長し、時期的には自分のことで精いっぱいだったり性格だって変わっていくこともあります。

低学年なら、同級生の子たちも遅れている子のお世話をしてくれるでしょう、でも、もう4年生ですよ。

厚意に甘えて、いつまで同級生の子たちに娘さんの世話をさせるつもりですか。
その子の親にしてみたら、プチ子ちゃんの世話をしに学校行かせてるんじゃないと思っているかもしれません。

3-4年生、定型発達の子たちは難しい(成長していく)時期ですよ。

普通級、『潮時』なんじゃないでしょうか。

普通級にどうしてそんなにこだわるのか、自閉症を知的障害を治すことにこだわるのか、普通級に入れるメリットが何なのか、知りたいです。

娘さん、きっとクラスでも「お客さん」状態だと思いますよ。
授業がサッパリわからない、ついていけてない、お母さんもわかっているでしょう。

いじめと娘さんの普通級在籍は別問題(関係ないとはいいませんが)ではあるけれど、そろそろ支援学級に移ることをお考えになってはどうでしょうか。

知的障害を伴う自閉症、6年間普通級在籍は、キツイと思います。
先生も学級経営が大変だと思います。
Posted by: PDD男児の母 |at: 2012/07/31 9:25 AM
プチ子ちゃんみたいな、お子さんがいると、情緒級に通級している私の娘は手がかからないからと先生の対応が後回しになるのも事実です。今はクラスに何人か通級に行かれてる方がいますが、支援級判定だったお子様がクラスにいると先生がどうしても、その子に集中してしまうので困る、と話題に上がることもあります。
Posted by: びり子 |at: 2012/07/31 5:55 PM
いつも拝見しています。
以前の記事で普通級に在籍する理由を、社会に出た時に起こり得る困難や問題を解決する力を学ばせたい、とおっしゃっていたように記憶しています。いつも誰かに守られてばかりではダメだ、と思っていらっしゃるのですよね。
でしたら、例えば教室で鼻をいじっていたり、場にそぐわない行動や言動をして他人を不快にさせた場合、お嬢さん自身で「お友達はこういう行動をすると不愉快なんだ。だからやってはいけないんだ」と学ぶべきなのではないでしょうか?
私は担任の先生が「お嬢さんがこんな事を言って男子を怒らせました、だから治していきましょう」と仰られるのは間違ってはいないと思います。
今までの記事で、理解ある指導力を持った先生だとお見受けしますので、暴言を吐く男子を叱らない、なんて事もないと思いますよ。

どんな問題も、お母様や周囲の大人だけで解決するのではなく、お嬢さん自身でも改善する点があるか振り返り、学びの機会として新たなステップアップに繋がれば、それこそが「普通級に通ったからこそ得た成果」になるのではないでしょうか。
Posted by: きょうちゃんママ |at: 2012/07/31 10:39 PM
お子さんの将来像をどのようにお考えでしょうか?
親亡き後の自立した生活をしていくための就労はどうされたいのでしょうか?
そのために必要な力をつけさせるため、今の成長段階にやらねばならないことはなにか、おわかりですか?
かつ、支援を受けたいのなら、普通級在籍すること自体無理なことをご存じでしょうか?
自分の子のこだけでなく、通常級在籍児のことも考えてください。
お子さんは通常級でぎりぎり在籍できるレベルですか?いろいろと、無理があるように思えます。


mixiの
軽度発達障害&学習障害療育支援 普通級で頑張っている子ども達
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=70645745&comment_count=16&comm_id=4220234
のトピも参考になさってください。
Posted by: biwa |at: 2012/07/31 10:40 PM
勉強の苦手な子、運動の苦手な子、さまざまなお子さんがいます。
その、自分より出来ない子をさげすみ、苛めることを、小学生のうちに学ばないで欲しいです。
今、いじめている子たちは、例えば顔が気に入らない、声が耳障りなどという理由で、今度は他の子を苛めるかもしれません。
プチ子ちゃんが支援級に行けば、すべて解決するのでしょうか??

困難のある子に、先生が集中して困るというのは、そのお子さんに問題があるのではなく、学校側の対応に問題があると思います。

お手紙をくれた、ステキな女の子、彼女はプチ子ちゃんと出会えたからこそ、そんなに優しい思いやりのあるお子さんになったのだと思います。
プチ子ちゃんとの出会いをプラスにするのも、マイナスにするのも、本人とその保護者さんの考え方、対応によると思います。
Posted by: yumino |at: 2012/07/31 11:02 PM
プコさん、いつも楽しくブログ拝見している発達障害のある小学生の息子を持つパパです。可愛いプチ子ちゃんのエピソードが多い中、今回はシリアスな話ですね。プコさんやプチ子ちゃんにとって、とても大変な状況だと感じました。私の息子は支援学級ですが、普通級のお友達とぶつかる話を聞くと、たくさん考えさせられます。先日も、普通級に、イジメっ子がいてやられた事を聞きました。ただ実際親は見てないし、どんな状況かわかんないのが、辛いですよね。そんな時、教えてくれたお友達の存在は、ほんと有難いですよね。これを生かしたいですね。簡単ではないと思いますが、ぜひ、乗り越えていかれるよう応援してます。
Posted by: stai |at: 2012/07/31 11:32 PM
ブログいつも読ませてもらってます。私の息子は小学校2年で支援級に通っています。ウチの息子は、交流級で特定の子から、いじめにあってます。なんで今回の話を読んで、他人事とは思えなくって。。。
学校がイジメの対処をするのは当たり前の事だと思います。私は、プチ子ちゃんの学ぶ権利を大切にしたいですし、守ってあげたいです。応援してるんで、頑張って下さい!!
Posted by: riechoro |at: 2012/07/31 11:50 PM
レオンの母さん、はじめまして。
ほんとうに一番大切にしたいのは、子供自身の気持ちです。
学校と親が協力して、楽しい環境で学べるようにしていきたいです。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 9:52 PM
SHOママさん、はじめまして。
ご心配いただき、ありがとうございます☆

記事を書いた翌日に、副校長先生・担任の先生と連絡をとって話し合いまして、
昨日には、更に特別支援コーディネーターの先生を含めた三人の学校側の先生と、こちらは療育先の先生と私の5人で面談していただき、事態の打開に向けて着実に進んでいます。
詳しくは、次の記事に書きますね。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 10:00 PM
小春さん、ご無沙汰しています☆彡
たまにしか書かないブログをいつも読んでくれてて、ありがとう(=^0^=)

なっちゃんも習い事で嫌な目に会ってたんですね・・・可哀相に・・・
そんな習い事ならむりして通うことないですよ。辞めて正解。

プチ子は幸い、今はまだそんなに深く傷ついている様子ではなく、昨日・今日は楽しく学校のプールに通えています。(さんざん副校長や担任に監視をお願いしたので)

今日も「OOちゃんと水の中で指切りゲンマンしたんだよ!」と嬉しそうに語ってくれました。し、検定で見事10級に昇格しました!!

プチ子も頑張っているから、なっちゃんも頑張ってね!
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 10:07 PM
ぽこたさん、コメントありがとうございます☆彡

たぶん・・・「小春さん」のコメントに対してではなく、「私も」さんへの一言として書いてくださったんですよね(=^0^=)

私の考えているコトをほぼ代弁してくださって、助かります!

お察しのとおり、もう既に翌日から学校と掛け合い、二学期に向けて対策を講じております。
いまはプチ子も楽しくプール通えているので大丈夫です。

何でも、いい面悪い面あると思いますが、普通級に行っているからこそ、のいい点、たっくさん有ります!

今回はマイナス面が出ているように見えますが、小さいながらも社会の中で、プチ子がどういった局面でトラブルになるのか、プチ子の行動のどの部分を修正していくべきなのか、浮き彫りになった点ではプラスの出来事です。
幸い、学校とも話し合いを重ねれば、協力し合っていけるので、助かっています。

ぽこたさんの応援、嬉しかったです(^O^)
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 10:30 PM
きょうちゃんママさん、
おっしゃるように、プチ子の問題行動については、先生やお友達から伝えられる度に、家での療育のターゲットに即、取り入れ、消去していくように最大限努力しています。

鼻をいじる事も、一学期に問題になったおかげで、家での療育・学校でのシャドーを通して、三ヶ月ほどで、どんなに緊張した場面でも手を鼻に持っていかない事に成功しました。
そのほかの、周りを不快にさせる行動も、伝えられた事は全て、理由を教えて、だからもうやらない、という事を繰り返し練習しています。
そして、行動改善の成果が出ているのに、それでも止まない男子のカラカイは、やはり度が過ぎていると思います。

先生とも話し合いましたので、また記事に書きます。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 10:41 PM
yuminoさん、こんばんは☆彡

そうそう、まさに、yujminoさんが仰るように、いまのクラスで、もしプチ子が転校しても、こんどは他のターゲットがやられる土壌があると、専門家の先生も言っておられました。

また、担任の先生も、うちの子ばかりにそれほど手を掛けている訳ではなく、他にもその時々で問題を抱えている子には、平等に手をかけていらっしゃるそうです(先生談)。

クラスの親御さんたちからは、「うちの子でよければ、出来る事があれば、何でも言ってね」と声をかけていただいています。

恵まれた出会いに感謝しています。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 10:56 PM
staiさん、コメントありがとうございます☆彡

いまはイジメに関しての取り組みがタイムリーな事もあり、学校と話し合うチャンスと思っております。

マスコミで報道されているのと同じで、プチ子の学校でも、今回のことで管理職の先生が「イジメがあったと認識しています」と言った翌日に、「私はイジメと捉えていません」と言ったり、防御に必死で、子供の幸せは二の次です。
でも、そんな先生とは戦いますし、親としてやれることは何でもやって、より良い環境を子供達(含む:周りの子達)に用意してやりたいです。

staiさんも、息子さんのために頑張ってください☆彡
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 11:08 PM
riechoroさん、応援ありがとう〜(=^0^=)

息子さん、支援級でも交流で普通級の子からイジメにあってるなんて・・・ヒドい!
先生はご存知ないのかしら?

特定の子だけなら、学校も対策を立てやすいかもしれないし、riechoroさんも先生に相談されてみてください。
私も応援しています!
Posted by: ブコ |at: 2012/08/01 11:38 PM
いつも拝見しています。
お嬢さんの学校生活さらに大変になっている模様ですね。
以前学校が勝手に発達障害児の扱いに不慣れな介助員をつけたおっしゃっていましたが、学校側からしたら、お嬢さんになにかあってはいけないし、他のお子さん達もみなくてはいけないということで致し方ない策だったのでしょう。もしそれがいやと言うのなら、それなりの学級にいらっしゃったらいいと思います。
ただ、まわりがいじめるのは絶対にやめさせたいですね。
四年生位ですと、先生に隠れてこっそりいじめるということもあります。なかなか厄介です


これからの頑張りも楽しみにしており
Posted by: プリ子 |at: 2012/08/07 1:46 PM
プリ子さん、ありがとうございます。

たしかに学年が上がるに連れて、友達関係で大変なことも出てきますが、低学年の頃は低学年なりに別な面で大変だったので・・・だんだん皆にまぎれて来ているからこそ、でもあります。

担任の先生も、その辺をよく分かってくださっているので、遠足の介助員の方の件も、「ついてもらったのは、かえって良くなかったと、私もその場で感じました」と言ってくれてました。
たぶん二学期の社会科見学などの時には、考慮してくださると思います。

大人に隠れてこっそりいじめられる・・・障害児じゃなくても難しい局面ですね。
自分でノーと言えたり、誰かに伝える力をつけておきたいです。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/07 7:30 PM
プコさん、こんにちは。
よそさまのお子さまが、メインストリームに在籍しようが、スペシャルニーズに移籍しようが、よけいなお世話をコメントされる人がいるんですね。「潮時」とか「お客さん」とか、リカバーをあきらめた向こう岸にいる人の常套句なんでしょうかね。
また、政権が変わり、さらに景気が低迷したら、特別支援教育なんてどっかにいっちゃうかもしれませんよ。
プコさん、事なかれ主義の公務員教師にも、ABAの手法で、ほめておだてておつきあいくださいませ。プチ子ちゃんに楽しい学校生活が戻るよう、心からお祈りしています。子どもを守れるのは、ママとパパだけ。二十歳になったプチ子ちゃんの姿を想像して、暮らしてください。
Posted by: りありん |at: 2012/08/11 11:42 PM
りありんさん、ありがとうございますヾ ^_^♪

プチ子はお陰様で、この5年間で、「中度の自閉症」から立派な「高機能自閉症」に成長できたと思います。
ABAによる家庭での療育効果もさることながら、やはり幼稚園・学校でメインストリームの子達というモデルに囲まれ、プロンプトのシャワーを浴びる環境にいた影響も相当大きいと思います。
20歳のプチ子、あとどのくらいメインストリームに追いついているか想像すると(*∩∀∩*)ワクワク♪します!
今までの療育による成長のペースを考えると、この先、いつか完全に社会で自立していけるんじゃないかと希望が湧いてきます!!
そのためには、本人が楽しみながら療育(もう教育に近い気がしますが)を受け続け、伸びていける事を、親として全力でサポート・応援していきたいです。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/14 10:51 AM
クラスの子達からすれば大迷惑です。
大至急、支援級か支援学校へ行って下さい。
Posted by: 通りすがり |at: 2012/08/14 9:10 PM
今後、通りすがりの方からの誹謗中傷メールについては、次回から削除いたします。
Posted by: ブコ |at: 2012/08/14 11:19 PM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links