スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
バカと言われた?
 「Aちゃんが、バカって言う」
先日、学校から帰ってきたプチ子が言った言葉です。

え〜?まさかー。
一年生の時から同じクラスで、いつも優しいAちゃんが、そんな事をプチ子に言うなんて、とても考えられません。

ホントにプチ子に向かって言ったのか?

詳しく問いただしてみると、

昼休みに校庭でAちゃんと二人で雲梯(うんてい)で遊んでいたら、
プチ子が上手くできなかったのを、「バカ、アホ」と言って怒ったというのです。

また、先週、うちに親友のMちゃんが遊びに来てくれた際にも、
部屋で遊んでいる時に、Mちゃんがプチ子に向かって「バカ」とか「ボケ」と言ったと言い出だしました。

私の知らないうちに、他に誰もいない所での話しなので、どこまで本当か分かりません。

「本当なら、お母さんから担任の先生に言うけど、それでもいい?」と言ってみると、

「うそじゃないよ。ほんとうにバカって言った」と言います。

う〜〜ん、軽い感じでふざけて言ったのか?

それにしても、「もうAちゃんと遊ばない」やら、「Mちゃんは怒るからイヤだ」と言い出すところを見ると、プチ子がAちゃんやMちゃんを嫌になるような事があったのは確かなのかな?という気がしてきました。

もしかしたら、プチ子が雲梯をただ単にできなかっただけでなく、相手を怒らせてしまうような事をしたから、それで相手の子も怒って言われたのかもしれないし・・・

もしかしたら、他の子(例えば男子とか)に言われた事を、なにか間違って記憶してしまい、
いつも仲良くしている友達に言われた、としか私に伝えられないのかもしれない・・・

さっぱり、真相が掴めないまま、そのまんま、担任の先生に報告しました。
ただ、こちらとしても、事実がつかめていない事なので、すぐに先生に確かめていただかなくても、すこし様子をみて頂くだけで結構です。と、お願いしました。


その後、下校のときに、他の学年の男の子達(たぶん五年生)からも「バカ」と言われたと、怒って帰って来たことがありました。
家からすぐの所で言い争っていたようで、家に居た私にも、なにやらプチ子が言い返して叫んだ声が聞こえました。

なかに、近所の知っている子がいたので、そのママさんに、何があったのか詳しくお子さんに聞いてもらえないかお願いすると、
後日、「あくまでも、子供同士のふざけた言い合いで、先にプチ子ちゃんが『バカ』って言い出し、男の子たち三人が「バカじゃないね!俺達、天才!(10歳)」と言い返した、そう。」と、教えてもらえました。

ま〜、これも、子供の当事者から聞きだしているので、どこまで本当かは分かりませんが、
このことも、担任の先生に報告しました。
すべて、直接見聞きしたものではないから真相が分からないし、先生に、すぐにどうこうして欲しいワケじゃないけれど、こういう事をプチ子が最近、言い出しているって事だけは把握しておいてください、と頼みました。


すると・・・、担任の先生、さ・す・が、です。

ほどなくして、クラス全員にアンケートを使った聞き取り調査をし、
それを元に、「最近、プチ子ちゃんが『バカ』って言われて傷ついている」というお話しをしてくださったそうです。
それは、特に、犯人探しをするようなものではなく、プチ子ちゃんに、みんなで優しくしましょう!というお話しだったようです。

「プチ子ちゃんが、その場をわきまえずに話しかけてきたり、こちらがイラっとするような言動をしたからと言って、カッとなって怒ってはいけません。
げんに、下に弟や妹がいるOOさんや、OOさん等は、いつもプチ子ちゃんに優しく接することができています。
末っ子や一人っ子の人は、ふだんから小さい子の面倒を見る機会が少ない分、イラっとした時に、いかに我慢して優しく接することができるか、将来、自分が子供を育てる時のための練習だと思って、プチ子ちゃんに優しくしてみてください」というような事を話された、・・・と、電話で教えていただきました。

そして、五年生にプチ子がバカと言われた話もしたところ、クラスの子達から「そんなのヒドイ!」と、仲間として思いやる声が上がったと教えてくれました。


AちゃんやMちゃんが、実際、そういう言葉を言ったか言わないかは、結局分かりません。
先生は、「本人に確認したら、言っていないそうです。」と、言われたけど、そりゃそうでしょ。
担任の先生に聞かれて、「言いました」なんて子、いないだろう・・・

でも、おそらく、もしかしたら、最近、プチ子も相手をイラつかせる場面があったり、
お友達も付き合いが長くなってきて、慣れ親しくなったが故に、感情が出易くなることもあるのかもしれません。

プチ子も、もちろん、今後は場の空気を読んで、相手の邪魔をしないように気をつけていかなきゃならないし、甘えすぎて迷惑をかけないよう、これからも家や学校での療育で教えていかなきゃならないけれど・・・

その間、プチ子を取り巻くお友達が、少しでもプチ子の欠点を理解してくれて、譲歩してくれると、助かります。

お勉強も遊びも、他の子たちにとっては足手まといになるプチ子。

それでも、そういう遅れた子が世の中にはいて、時には我慢してでも受け入れて、同じクラスの仲間として一緒にやっていかなきゃならないんだ、って事を、肌で感じながら、プチ子の周りの子達が育っていってくれたら・・・
そんな有り難いことはありません。


いまのところ、子供達は素直に先生の言われた事を守り、プチ子はクラスの皆に溶け込めているようです。最近はまた、休み時間にAちゃんやMちゃんと遊んだと言って、仲良くしているようです。
担任の先生の力量に、感謝します。



ブコ
                                        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                                        にほんブログ村
| こころくらぶ | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:58 | - | - |
Comment
「バカっていわれた」って、ギクッとしますよね。ウチの子はまだそこまでわかってませんが(^_^;)

それにしても、素晴らしい担任の先生ですね。こういういい先生もいらっしゃるというのは皆にとって希望になると思います。

アンケートをとったり、クラスで議論をしながら、うまく解決していけるなんて。。子供達も一人前扱いされたと感じて、またがんばれそうですよね。

でも、いろんな事態にぶつかりながら、ひとつひとつ山を越えて成長しているプチ子ちゃんは本当にえらいと思います。

人生、想定外のことも多いですし。。
プチ子ちゃんとママが、想定内のことはしっかり準備し、想定外のことも工夫や周りの人を上手く巻き込んで対処しているのは、いつもながら感心してしまいます。
Posted by: LE CO |at: 2012/06/15 10:26 PM
LE COさん、こんにちはー。

ほんとに担任の先生には、いつもプチ子のことに熱心に取り組んでいただいていて、感謝しています。

プチ子の毎日は、ブログにアップするのが追いつかないほど(私がマメに投稿しないからだけど)、いろんなコトがあり・・・(^〜^;)
たいしてうまく対処できていないですが、周りの人たちに助けられながら、何とか日々おくっています。
数年後、気がついたら明らかに色んな問題が減っていた!ってなれたらいいな〜と願いながら、想定外のことも学習していきたいです。
Posted by: ブコ |at: 2012/06/16 5:06 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links