スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
りょうまくんパパの講演会
 先週の日曜日になりますが、

あの有名なHP「そよ風の手紙」http://www.cam.hi-ho.ne.jp/shimbo/でお馴染みの、
りょうま君パパさんの講演会に行ってきました。



りょうま君パパさんは、マラソンチームRUN4Uの創始者のお一人です。

いつも、私がRUN4Uの練習会や大会に参加するたびにお会いするリョウマ君パパは、
息子のリョウマ君を後ろから抱くようにして、支えながら歩かれていて、
優しい笑顔でリョウマ君を見守りながら、親子でとても楽しそうに過ごされています。

りょうま君は重度の知的障害を伴う自閉症だそうで、
傍から見ていると、走るだけでも、とてもとても大変そうに見えるのですが、
リョウマ君パパさんの明るい元気なパワーとあふれる笑顔(*´∀`*)からは、とてもそんな風な辛さを微塵も感じさせないんです。

高校三年生になるリョウマ君。

これまで、パパさんは、ほんとうに並大抵じゃない苦労をされてきたと思います。


リョウマ君パパさんの<父親教室>講演会を、以前に聴いた事のあるRUN4U仲間からは、
ご主人様がとても感銘を受けて、その日から180°変わられ、お子さんの療育に対して熱心に取り組むようになったと聞いていました。

なので、今回の<父親教室>、これは絶好のチャンスとばかりに、日頃からプチ子の療育の事を一切私に任せっきりにしている我が家の旦那さまの首根っこを捕まえて連れていきました。


お話の冒頭、まずはリョウマ君パパの自己紹介やご家族の事を話されている時から、うちのプチ子パパはウルウルし始めていました。(涙腺弱い)

りょうま君が小さい頃のお話、数々のコダワリの話、ヒヤリとするような危険な目に幾度となく遭われてきた話、親父の会のこと、・・・etc.

笑って話せるような内容じゃないことでも、リョウマ君パパは、サラっと、自然に話されます。

どんな苦労も、前向きに乗り越えられてきた、並々ならぬ精神力の持ち主。
それでいて、他人には優しく、何も求めてないのが伝わります。
なんというか、なんか悟りを開いた人、とでもいうのか、穏やかなパワーに満ちていらっしゃるんです。

前出のRUN4U仲間曰く、「りょうま君パパの話を聞くと、自分がすっごい汚れてる〜って、いつも思う」って・・・
その時は笑って聞いていたけど・・・、分かる!!
ほんっと、「すいませんでしたー」って気になります。
プチ子を育てる私の苦労なんて、足元にも及びません。


いつも、マラソンの時にお会いしているリョウマ君パパは、RUN4UのTシャツかランニング用のウエアを着ている姿しかお見かけした事がなかったので、この日はビシッとスーツ姿でキメられていて、かっこ良かったです

お話を聞いていても、すごく分かりやすく、云いたいことが的を得て伝わってきて、なんか絶対に頭の良い、仕事のデキる男の人、って感じです。その上、いつも優しい笑顔で。

きっと会社でも優秀な、将来も有望な人材に違いない・・・

けれども、ご自分のことより、ご家族のこと。
りょうま君と過ごすこと。

そこを何よりも一番大事にされていて、少しも見失うことなく、ブレずに生きて行かれている「そよ風」パパさん・・・本当にすごい人です。


でも、たまには、生活のほんの5%だけでも、自分の為の時間を作って過ごすのが大切だと言われていました。

障害児の親だって、人生を楽しんでいいはずだと。

批判を覚悟でHP上で発信されてきたそうです。
ところが、批判されるよりも、むしろ賛同・応援の声の方が圧倒的だったそうですが、

当然です〜〜!!
障害児の親だって、いや、障害児を抱えて日頃から大変な思いをしているからこそ、なおさら、自分の好きなことや自分のために使う時間を取って、リフレッシュするべきですよね〜


私も、リョウマ君パパのお墨付きを得たような気分で、今後も、より自分の時間を楽しもうと思いました。考えただけで、なんとなく、気分が上がるよね。

ちなみに、うちのプチ子パパは、これまで好きなことに費やしてきた時間を50%くらいにして、もっとプチ子のために費やすぞ!とその日は言ってました・・・ (実践してくれ)



障害を持つ我が子に感謝する・・・と、最後に仰っていたリョウマ君パパ。

うん、うん。私もわかる気がします。
もちろん、リョウマ君パパの悟りの何十分の一にも満たないかもしれないけど・・・、

うちの子が発達障害のプチ子で良かった。

いろんな、ホントに色んな事を教えられたし、プチ子のおかげで沢山の大事なものを手に入れられたと思います。



リョウマ君パパの素敵なお話が聞けて、なんだか幸せな、とても清々しい気持ちになりました。
ありがとうございました。




ブコ                        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                           にほんブログ村
| こころくらぶ | 23:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:47 | - | - |
Comment
ブコさんこんにちは☆
「そよ風の手紙」はなっちゃんが保育園で落ち着きのなさを指摘された頃に読んだ事があります。
シングルパパなのにりょうまくんをしっかりケアされてHPも運営されている事に感銘を受けました。
障害がある、というと以前は「可哀想」としか思いませんでしたが、軽度の障害でも親は得るものが多いと思います。
人生がずっと深いものになると思います。
りょうまくんパパの講演は素晴らしいものだったようですね☆
Posted by: 小春 |at: 2012/05/07 2:00 PM
障害を持つ子に感謝する。。。というお言葉、涙です。

ブコさんも、そう思ってらしゃるのですね。
私は、まだまだで、、、。
いつも、他のお子さんと比べてしまって、
落ち込んで、悲しんで。。。

りょうまくんパパやブコさんのように、
いつか、ココロからわが子に感謝できる日、来るのかな。
そうなるように、共に学び、成長できればと思います。

りょうまくんパパ、ステキな方ですね☆
Posted by: yumino |at: 2012/05/08 12:29 PM
小春さん、こんばんは。

そうなんです。
りょうま君パパは、お金とか高級な車や贅沢な暮らし、会社での出世とか、そういう物は、一切要らない。りょうま君とお祖父ちゃんお婆ちゃんで幸せに過ごせたらそれでいい・・・というようなお話をされていました。

私は、そこまでの境地にはまだまだ至らないけれども、大事なことは何かってことが口先だけじゃなく、プチ子のおかげで少しは見えてきた気がします。

素晴らしい諸先輩方や、同じ境遇の友達や、こうしてブログを通じての仲間に巡り合えた事にも感謝しています。
Posted by: ブコ |at: 2012/05/09 12:48 AM
yuminoさん、

私だって、まだまだ修業が足りないのですよ・・・

でも、プチ子が発達障害を持つ子だったおかげで悩み苦しんだこと、取り組んだこと、自分のためになら諦めるかもしれないけれど子供のためだったら何だって出来ると分かったこと、・・・普通なら味わえないような事を、いっぱい色んな事を経験して、ものすごく人生の糧になりました。

たぶん、マジでギフテッドなんですよ。
この子たちは。(^^)V
Posted by: ブコ |at: 2012/05/09 11:22 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links