スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
お友達とのケンカ
 この一週間、プチ子は一番親しいお友達と仲違いしていたようです。

一番のお友達・・・
そう、有難いことにプチ子には、親友ともいえるほど仲良くしてくれるお友達Mちゃんが、いるんです。

彼女は、幼稚園も違うし、1・2年生の時も知らないのですが、
3年になるクラス替えの際に、今のクラス(3→4年はクラス替えナシ)ではじめて一緒になり、知り合ったお友達です。

なので、逆に、プチ子が2年生頃までの、
まだまだ出来ないことだらけで、すっごく他の子より劣っている姿、
をそんなに知らないコトが、もしかしたら良かったのかもしれませんが、
なんせ、ごく自然に、プチ子をとても平等な立場の相手として見てくれて、付き合ってくれるのです。

もちろん、今でも、勉強や運動だけでなく、会話も遊び方も、
まだまだ同年代の子に比べて遅れている部分が多いプチ子ですから、
一緒にいると、何かと世話を焼かなくてならないし、出来ないことを大目にみて我慢してあげなければならない事もある、ので・・・、

たいがいの子は、学校で(特に先生が見ている時に)お世話をしなきゃいけないのは解っているし、やってくれてるけど・・・、
あるいは、放課後に皆がプチ子ちゃんと遊ぶんなら、大勢の一員として一緒に参加して遊びたいけど・・・、
別に、敢えてプチ子ちゃんを選んで、1対1で、しかも毎週、遊びたいと思ってくれるか?というと・・・
そんな殊勝な子、ふつうあんまり居ません。

なのに、Mちゃんは、そんな事(プチ子の出来が悪い事)あまり気にならないのか?
妹さんがいるから、日頃から小さい子の面倒見が苦にならないのか?
どちらかというと、あまり女子のグループでつるむのは好きじゃなく、他の女子達よりも、ちょっと変わっているプチ子とのほうが馬が合うのか?
はたまた、親御さんも何やら徳の高そうな、優しそうな感じの御両親なので、根っから慈悲深いのか?
真相は定かじゃないけど、とにかく、一人でもよくウチに遊びに来てくれるし、
土日に「吉祥寺のキャラパークに行かない?」なんて誘ってくれて、むしろ向こうから積極的にプチ子と関わってくれる、唯一のお友達なんです。

( 余談:キャラパーク(サンリオショップなどが軒を連ねる雑貨店街)へは、私が引率して連れて行きましたが、バスのなかでも一つの席に二人で座って「Mちゃん、大好き〜」「私もプチ子ちゃん、大好き〜」などと、はしゃいでいる様子を目の当たりにした私は、つり革に摑まりながら、号泣しそうになりました。)


そのMちゃんと、先週の木曜、放課後に児童館で遊んでいて、どうやらケンカしたようで・・・
プチ子、ものすごく機嫌悪く、児童館から帰ってきました。

何があったのか聞いても、「もう遊ばないって言った」と言うだけで、
「それは、プチ子がMちゃんに言ったの?Mちゃんに言われたの?」か確認しようとしても、
どちらにも「うん」。「Mちゃんが言った」り、「プチ子が言った」りするし・・・
「どうして、そう言ったの?」か聞いても、「ケンカしたから」。
「どちらが、なんで怒ったの?」か聞いても、「男の子達がケンカしていてイヤだった」・・・と、これまた主旨から外れて意味不明。
さっぱり、事情が聞き取れないのです

まあ、子供のケンカだし、親が気にしても・・・と軽く考えて、
「プチ子から明日、ゴメンねって言って、仲直りしなよ!」とすすめておきました。

翌日、学校から帰ったプチ子に、いつものように「今日、学校で何したの?」か聞くと、
「ダンスクラブにいった。Mちゃんと、O組のOちゃんと、体操した」とか言ってたので、もう大丈夫のなかと安心していたのですが・・・

その翌日の遠足では、なにやら、ほとんどMちゃんと遊ばずに過ごしたようなことを言いだしてビックリ。
お弁当こそ、Mちゃん含め、皆で食べたそうですが・・・
プチ子は、持たせたオヤツの袋がリュックの中で見つけられず、(リュックの一番上って、教えたのに ) 一人、みんながオヤツ食べてるのを見ていたらしいんだけど、その時、オヤツを分けてくれたのが、違うクラスの女の子?だけだった?とかで・・・
いつもなら、真っ先にMちゃんが面倒みてくれるのに、オカシイな・・・と思いました。

そうしたら、その後、シャドーの先生が学校に行った日に報告してくれたのが、「Mちゃんがプチ子ちゃんを避けるような様子なのが気になりましたが、何かありましたか?」と連絡くれて、最近うまく行ってなかった事が発覚したのです。

やっと掴んだ幸せ(おおげさでなく)が、ここでまた一気に失われてしまうのか・・・、
これからは、また誰も向こうからプチ子と遊んでくれたがる子はいなくなり、
毎回、私が相手のママさんにお願いして、遊びに来てもらうセッティングを再開しなきゃならないのか、と私の気分もドンヨリ


シャドーの先生は、次に学校へ行った時に、本人に事情を聞いて、なんとかします!と言ってくれたけど、GW挟むと次のシャドーは2週間後とかになっちゃうので、
プチ子自身に「ごめんね」って言わせて早く仲直りするよう言い聞かせようかと思う。と申し上げたところ、
まったくの子供任せで事情判らないままだと、何が問題だったのか(プチ子に原因があれば改善しなきゃならない)、今後の為の解決に至らないこと。
それに、プチ子が相手にちゃんと上手く伝えられるか?または、伝えたところで、相手のお子さんの反応がどう出るか、仲介する大人が見ていないと心配だというご指摘をされ、たしかに心配。

担任の先生に、そんな放課後の子供同士のケンカの仲裁まで頼むなんて申し訳ないなと思いながらも、他に頼るすべも無いので、連絡帳に書いてお願いしました。


す、る、と、今日、学校から帰るなり、
プチ子「Mちゃんにゴメンネって言えたよ!」と嬉しそうに教えてくれました。
「Mちゃんは何て?」と聞くと、「いいよ、って言った」そうで、どうやら無事に仲直りできたようで、良かったです!

担任の先生からは、「今日は、家庭訪問が午後にあり、短縮授業で時間がないため、後日、早めに取り組みます」とお返事いただきましたが、
先生のお手を煩わせるまでもなく、プチ子が自力で解決(Mちゃんの気持ちにもよるけど)出来たことはスゴイ!と思います。

というか、所詮プチ子の力じゃ無理だろうと、先回りして解決してあげなきゃと思っていた自分の想定を超えて、プチ子が意外と上手く社交スキルを駆使できたことに驚き!!
これから、高学年になっていくにつれ、さらに女子の社交はややこしくなっていくだろうけど、なんだかちょっと頼もしいかもしれません。

ま、一応、今回の事件の真相はまだ解明されていないので、ひきつづき先生方に聞き出してもらいたいとは思ってますが、
これからも、何か相手を怒らせるような事をしてしまっても、今回のように、許してもらえて(どっちに原因があったか分からないけど)、仲直り出来た成功体験があれば、やっていけるんじゃないかと期待しちゃいます!

すごいです。よくやった!プチ子




ブコ                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                   にほんブログ村                
| こころくらぶ | 22:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:06 | - | - |
Comment
おともだちとケンカして、そして仲直りも出来るなんて。。。本当にプチ子ちゃんは社会性が伸びてるんですね!

「ゴメンネって言えたよ!」のところは私も涙が出ました。良かったですね。。

親友、ウチの子にもいつか出来るといいな。。

そして幼稚園なら先生に入ってもらって、と気軽に出来ますが、小学校だとそうもいかない、ということ。。頭では理解してましたが、こうやって読むと実感がわきます。また、いろいろお教えください!


Posted by: Le Co |at: 2012/04/27 11:08 PM
Le Coさん、そうかー(^∀^)

小学校生活の様子そのものが、まだ入学されていないと新鮮な情報なんですね。
わかりました!ひきつつき、実況中継していきたいと思います。

今回のケンカについては、その後、担任の先生が調べてくださったところ、相手のMちゃんは「何もケンカしてない。誤解だ」と言ってるようで、単にプチ子の勘違い・・・となりました。
しかし、プチ子がしばらく「もう児童館いきたくない」となっちゃってたのは事実だし、きっと辛い思いをしてたのは間違いないので、何にもなかった訳じゃないと思ってます。
でも、それこそ幼稚園と違って、親の目の届かないところで事件は起こっているので、もう大人には管理しきれないです。
先生も、子供がそう言うんならそれ以上追求しようがないし。
でも、当然、四年生にもなれば、いちいち詮索されたくないでしょう。
今回は、Mちゃんが離れて行っちゃわなくて、「何もなかった」として戻ってきてくれただけで充分とします。
Posted by: ブコ |at: 2012/04/28 11:40 AM
ケンカの場面、読んでいてドキドキしました!
仲直り、できたんですよね、よかった:)

女の子のお友達、難しいですよね。
娘も、一年のとき、仲良くしてくれた子、
二年になり、同じクラスになったけど(先生の配慮)、避けられるようになりました。
他に仲良しさんが出来たようです。

ママがセッティングして遊んでもらう、、、その気苦労、わかります。涙。

プチコちゃんの成長、お友達関係を修復するなんて、スゴイです☆
小さな頃からの努力の成果ですね!
Posted by: yumino |at: 2012/05/08 12:22 PM
yuminoさん、ありがとう☆

もう四年生にもなると、ぜんぜん親の出る幕じゃなさそうでヤキモキします。

でも、その分、本人が成長して、自分の力で解決していく術を学んでいく時期なのかもしれません・・・(と、納得するしかない?)

心配だけど、出しゃばりすぎないように見守りつつ、家でコミュニケーション力を上げる練習していくしかありません。

minyonちゃんも、はやく他に仲良しさんができるように頑張ろう〜♪
Posted by: ブコ |at: 2012/05/09 1:08 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links