スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
プチ子の勉強の日々 〜普通級に行かせて伸ばした力〜
前回の続き。プチ子のお勉強に関してです。

元々、能力的には、特別支援級(いや、もしかしたら支援校)が妥当であったかもしれないプチ子です。
でも、IQのレベルだけで、普通級・特別支援級・特別支援校に子供を分けてしまうのじゃなくて、みんな一緒の教室で、共に学ぶことで、他の子達をお手本にして成長していく可能性だってあるかもしれない。
社会性を身に着けさせるためにも、大勢のクラスメイトが居る環境が良いんじゃないか。
その思いから、しぶる校長先生をねじ伏せて、なんとか無理して普通級に入学したため、それはそれは、最初は学校の勉強についていくのが大変でした。

小学校入学当時、プチ子はまだロクに喋る事も出来なかったし、
それまで家で、読み書きも、数も、計算も、一切教えていなかったので、(それどころじゃない、言葉を教えたり、母子分離の練習、他人の指示を聞く練習などで手一杯だったため)
今思えば、一年生の中に、一人だけ2〜3歳児が居るようなものだったかもしれません。

ひらがなを教わっても、まずは形を同じように写すことからして難しく、(だいたい物を書く事に慣れていなくて筆圧も弱いし)
読み方も、「あ」を「あり」と読んでしまったり、「い」を「いぬ」と読んでしまうなど、前途多難でした。

でも、でも、でも、でも、
毎日ひたすら繰り返し練習することで、だんだん字らしき物を書けるようになり、
一年生頃は私しか読解不能でしたが、二年生頃には他人が読める字を書けるようになっていきました。
そして、今では、中学生のお兄ちゃん曰く「俺よりずっと綺麗」な字を書いています。

漢字が始まると、ひらがな・カタカナより、漢字の方が覚えやすいようで、(なんでも?どっちかが右脳で、どっちかが左脳を使うからと聞いたことがあります)
字の練習も以前よりそれほど嫌がらなくなりました。それまでは、勉強するのを嫌がるプチ子を、とにかくおだてまくり、一つでも書いたら褒めまくって、ご褒美をあげました。これを延々続けるのです。

正しく写すことができるようになってからは、漢字のテストでは学校でも100点が取れるようになって、がぜん自信がつきました。
「私は漢字は得意!」と思うと、毎日家で練習するのも苦にならなくなり、どんどん書けるようになりました。
覚えるのも早くなりました。(ただし、すぐ抜けていくので、そこはまた繰り返しが必要)

「読み」は、いまだに苦手ですが、以前は一文字一文字をゆっくり読むことしかできなかったけど、
毎日少しでも、好きな本(絵本すら興味を持たない時は、興味のあるプリキュアの漫画でも)を音読するうちに、だんだんスピードが上がってきました。
文章がスラスラ読めるようにならないと、算数の文章題だって、目で字を追うだけで精一杯で、問題が何だか、頭に入らないですからね〜。文をある程度の速さで読めるって大事です。

算数の計算は、去年でもまだ数の大小が分かってない状態でしたが、セラピーと塾と家庭学習での長い下済み生活を経て、今や三年生の課程である「三桁の足し算・引き算」は、やり方は覚えてできるようになりました。いや、概念はまだ弱いんですけどね。それも、そのうち追いつくでしょう。

理科・社会は、ちゃんと授業を聞いていて、文章が読めて、絵が描ければ、観察カードやレポートだって書くことができます。

お絵かきも、何をどう書いていいか分からなかったため、大嫌いでしたが、ずっとセラピーでも練習してもらって、絵描き歌なども覚えて、最近やっと自ら色鉛筆と画用紙に向かっていろいろ描くのが好きになってきました。

体育も、始めは走ることも下手でしたが、今じゃ結構速く走るんです。
まったく飛べなかった大縄だって、学校の先生のお陰で、回っている所に入っていけるようになったし、鉄棒逆上がりも少し手伝えば出来るまでになりました。



ABAセラピーの集中介入をしていなければ、いまだに二語文すら話せなかったかもしれないプチ子。
もしかしたら、三年生の今頃でも、「マンマ〜、ワンワン」程度だったかも?
集団に入って、周りの子達が話すのを、勉強するのを、運動するのを、見て、良いお手本にして、真似することで、成長できたことには間違いないと思います。


パニックを起こさずに、こちらの言う事を聞くようになって、人と話せるようになって、勉強まで出来るようになるとは、夢にも思わなかった頃があったとは、今や、誰も信じないかもしれません。




ブコ                        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                           にほんブログ村
| こころくらぶ | 00:53 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:53 | - | - |
Comment
ブコ様
ほんとに素晴らしい療育、教育をされたんですね。すごいです。
褒めるって大事なんですね。
自信をつけて、どんどん成長していくんですね。
私、ほんとうに娘を褒めれないんです。
なんでそんな事するの?ってすぐ思ってしまって。。。普通に接することがやっと。
専門のクラスも見つけられず、市の療育は無いし、私が頑張るしかないのに。
普通のお稽古事では、迷惑をかけちゃうし。
ブコさんの記事を読むたびに、もっと頑張って褒めないとって思います。
褒めて育てるって、ほんと難しいです。
ブコさん、すごいなぁ。。。
Posted by: yumino |at: 2011/10/14 8:53 AM
yuminoさん、こんにちは。

「褒める」って、たしかに大事ですけど、言葉で褒めることで伸びるようになるのは、自閉症療育がかなり進んできた段階です。
最初は、言葉で褒める事よりも、もっと具体的に分かり易い、オモチャ・お菓子などの本人にとって心底魅力的なご褒美を使ってモチベーションを上げてやらないと、認知の低いお子さんの場合、言葉の褒めだけで、「よし!頑張ろう!」とは、なりません。
ましてや、叱って、言う事をきくはずがありません。
叱れば従うようになるのは、かなり発達が進んで健常児に近くなってからだと思います。

細かいノウハウが分からずに、一人で療育をするのは難しいです。

私だって、プチ子を一人でここまで育てたわけではなく、ABAを中心とした療育を受けてきたからこそ、出来たことです。
我が家の場合は、エージェントにお世話になってきましたが、東京じゃなかったりして難しければ、親のABA療育の会「つみきの会」で学ばれる事をお勧めします。
(別に宣伝じゃないです。純粋な助言として。)

専門的な療育法を学ばないと、自分で発達障害児を伸ばすのは困難すぎると思います。

よければ、調べてみてください。
Posted by: ブコ |at: 2011/10/14 3:25 PM
ブコさま、
つみきの会、早速検索して、連絡をとってみることにしました。ただ、対象が就学前までとなってるので、一年生の娘には、遅いのかなと不安です。
以前に一度、ABAを探したところ、そこは遠方だとスカイプを使うということでした、その為、あきらめました。。
療育探し、就学後しているところが、周りに無く、困ってたのです。

情報をありがとうございました。
Posted by: yumino |at: 2011/10/14 9:46 PM
我が家もつみき会員です。小2の男の子がいます。

地方に転勤している時に息子に診断が降りて、さて何から始めたら良いのか? と悩んでいた時に、たまたま心理学を専攻していた友人から教えてもらったのがつみきの会でした。

つみきBOOKを片手におそるおそるABAをはじめるようになってから、かなり伸びるようになったと思います(やっていない場合を知らないので、加齢による成長と厳密に区分することはできませんが)。

>ABAセラピーの集中介入をしていなければ、

というブコさんの記述ですが、とある医師に息子を診てもらった時に、生育歴をまとめたものをお見せしたところ、改めて息子を見ながら「よくここまで持ってきましたね」と言われたことを思い出しました。やっていて良かったと思いましたし、もしやっていなかったら、とちょっと怖くもなりました。

ABAの良さがもっと広まると良いですね。
Posted by: はじめ |at: 2011/10/16 7:24 AM
yuminoさん、こんばんは。
たとえ小学生になってからのスタートでも、ABAを使った教え方で接すれば、指示に従うことや、身辺自立、読み書き算数など、あらゆる面を伸ばす効果があると思います。
今はABAに関する本もたくさん出ていますから、やり方を覚えれば、きっとコミュニケーション力や対人面を伸ばす方向に役立てられると思います。
親が頑張って改善してあげられたら嬉しいですよね!
Posted by: ブコ |at: 2011/10/17 11:33 PM
はじめさん、はじめまして。
息子さんもABAで、とても成長されたのですね。(^^)V
たしかに、やってない場合を実証できないので、加齢による発達と区別するのは難しいですが、我が家の場合は四歳までABAを知らずに、他の療育法(感覚統合・STなど)を色々試していても、言葉がほとんどない状態が続いていましたので、そのままABAに出会わなければ、その後急成長して話せるようになり、ましてや普通級に進んでいたとは考えにくいのです。
うちも、お医者さんに同じ事を言われました。
お互い、ABAに感謝ですよね!
ほんとうに、もっともっと広まると良いと思います!
Posted by: ブコ |at: 2011/10/17 11:47 PM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links