スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
息子に愛想が尽きる(´д`;)
 長らく更新しなくて、スイマセン

ちょっと、もう〜〜〜、お兄ちゃんの野球部のことで散々揉めていて、パソコンに向かう時間も気力も失せてました。

そんなわけで、今日は、ここんとこ私の頭を悩ませているお兄ちゃんネタです。

お兄ちゃんの所属する野球部、あまりにも昭和の厳しさを残した指導で、いまどき珍しいというか、親の私も疑問に思う所が多々あります。
例えば、(最近ちょっと涼しいけど)少し前の猛暑の最中に水分補給をさせずに練習を続け、熱中症で倒れたら、「たるんでる!」として罵倒されるとか。
学業の成績も顧問の先生がチェックしてくれるのは有り難いけど、ホームページに名指しで「OOとOO,お前らなんかウチの部にいらね〜〜〜!辞めちまえ!!」と書かれるとか。
なんだか、体育会系の厳しさを通り越した?というより、勘違いした指導の印象を受けるのです。

どちらかというと頑張り屋のお兄ちゃんさえも、もう辞めたいと言い出す始末。

せっかく、中学に行ったら高校受験を気にせず思いっきり野球できるように、部活で野球が出来る環境の整った私立中学を選んで受験したのに、それを目標に楽しみにして頑張ってきたのに・・、こ、こーーんな感じの野球部だったとは・・・タハッ

お兄ちゃんの学校は、「御三家に追いつけ!追い越せ!」を目指している進学校なので、勉強面の面倒見がとても良く、宿題や追試や補習の類が半端ないのですが、それでも一学期は、お兄ちゃんは受験生の頃よりも夜遅くまで(部活で帰りが7:30PM過ぎるから)、勉強も頑張っていました。
英語と数学は、毎日テストがあり、8割正解しないと「追試」が、翌朝7:30からあります。
クラスの半数以上の子は毎日7:30登校続きで、ウチのお兄ちゃんも一時期毎朝6:0
0に家を出る=お弁当持たせるには母は5:00起き生活が続きました。
さすがにシンドくて「追試にならないよう頑張って!もう追試の時のお弁当は嫌だ」と言うと、
「え?なんで?」と、まったく相手の立場が分からない、さすがアスペ(ではないか?)なお兄ちゃん。魔法でお弁当作ってるとでも思っているんでしょう〜
ま、その甲斐あって期末テストでは英・数で満点を取り(この辺もアスペっぽい)、本人も「中学の勉強は楽しい」と言うくらい自信がついて、学校生活をエンジョイしているのかと安心していました。

が・・・・・・、期末テストの翌日からテスト休みと称して終業式まで学校なはく、ひたすら部活に通う毎日が始まると、その頃公式戦で負けた野球部は三年生が退き、急に一年生にも本格的な練習が始まったのと重なって季節は猛暑?酷暑?で、お兄ちゃん、初日に倒れました。
それが、冒頭にも書いたけど、水分補給ナシで説教(遅れてグラウンドにやってきた顧問に誰も気が付かなかったら「挨拶ない!」とキレたらしい)されて、そのまま4時間ランニング続けさせられ、目が回って吐いたそうな。
でも、「自分で水被ってこい!!ベンチを汚さないように、草むらで吐け!!」という指導で、親には連絡ナシ。夕方、自力で帰ってきました。(帰って来れたから良かったけど・・・)

あんなに少年野球のときは、当番以外にも母達は夏場は練習に顔を出して熱中症対策してあげてたのに。なんか、不信感ぬぐえん・・・ところに、野球部保護者会が開催され、顧問の先生方と初めてお会いする機会がありました。

監督は、ご自身も野球強豪校で著名な選手だった方らしく、厳しい練習にも説得力あり、まあ納得できるお話しが聞けました。
問題は、もう一人の先生なのですが、この方は社会人としても???な態度、&話も要領を得なく、なんだか子供を安心して託せないな〜って印象。(お兄ちゃんに聞くと、これまでの仕打ちは全部この先生からだそうです)

保護者会のあと、三年生の先輩ママさんをつかまえて、その先生の事をお聞きしましたが、案の定、「いい先生ですよ」と、さすがに現役で残ってやっているご家庭からは何も聞きだせず。そりゃそうだよね。疑問を感じて辞めていく生徒が沢山いる中で、残って頑張っているわけだし。それでも野球やりたければ、黙ってついていくしかないんだろうなー。

その後、他の一年生ママで、やはり私と同じ思いの方を見つけて練習を見に行ったり、監督先生とお話しさせてもらったり、今日はお兄ちゃんのクラス担任の先生に面談してもらったり、奔走してきました。
結論としては(辞めるか辞めないかの)、夏合宿までは頑張って、合宿のあとに判断することにさせて貰う事にしました。
辞めるのは、いつでも出来るからね。もう少し諦めないで頑張って欲しいなという願いも込めて・・・

と、ここまでは、今日のタイトルに反して、息子を応援する話ばかりでしたが。

なんのなんの、こういう一連の親の心配の間にも、お兄ちゃんの間抜けっぷり(忘れ物・遅刻など)は相変わらずスゴクて、ほとほと疲れるんですけど・・・

決して、野球をナメてたり、サボったり、不真面目な発想じゃないんだけど・・・、
それがまた彼のアスペ疑いな特徴なのか、あれほど注意されても、うっかり野球帽を忘れたり、現地集合の試合会場に時間見積もりを誤って遅刻していったり、何とも、世間から見ると「怠け者」な感じになるのです。

監督は、野球道具(ユニフォーム一式含む)を忘れたら、どんなに遠くても家に取りに帰らせます。
お兄ちゃんは、先週土曜日にも三時間かけて家に帽子取りに往復し、練習に出られなかったのに、今週火曜日にも、遠征先の試合会場に着いて、また帽子が無くて、取りに戻ってきました。
しかも、行った事ない場所だったから、電車間違えて急行に乗ってしまい、帰ってくるだけで2時間半。途中、家の鍵を持ってないと電話あり、出掛けていた私は家に戻って待つ羽目に。4時間かけて試合グラウンドに戻ったら、試合終わっていたっちゅう、バカみたいな一日。いや、二日。
野球以前の問題なんですけど

先生に指導上の異議を申し立てるにも、(ふつう野球界で監督・コーチに物申すなんて有り得ないけど)、肝心の我が子がちゃんとやるべき事をやってなけりゃ、言いたい事も言えないでしょうが〜〜!

そして、ただただ電車で往復する為に、3リットル分のポカリのジャグや、オニギリや、凍らせたヴィダーインゼリーや、カロリーメイトを持たせているんじゃないのに!全部道中で食べたり飲んだりして無くなってグラウンドに着いた・・・て、アホか?

もう、せっかく一生懸命お兄ちゃんを心配して奔走していても、なんだかこうも呑気な行動を取られると、ほんっと、嫌んなります。

そういえば、小学校の時の担任の先生にも、私が「いや〜、いつも御迷惑をおかけして・・・。家でも注意しても効かなくて嫌になります」って言ったら、その先生も真剣に「ほんと!!嫌になりますよね!!」って、語気も荒く仰ってたっけ。

我が子でも、愛想が尽きるよ。

どうにか直ってくれ〜〜〜



ブコ                       にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                          にほんブログ村
| こころくらぶ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:30 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Entry

Profile

一日一クリック、応援よろしくお願いします!

ポチッとお願いします!

ぽちっと!

Advertisement

Search

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links